Try looking in the monthly archives. 6月 2015

若年性脱毛症の原因と、パーマとヘアカラーと

現在、若年性脱毛症に悩まされる人が増えてきています。
若年性脱毛症とは、20代から30代の比較的若い年齢で発生する脱毛症の事です。
この若年性脱毛症の原因は、人によって様々で、一般的な男性型脱毛症と同じように、ストレスや髪に必要な栄養不足、頭皮の血行不良等によって抜け毛が増え、薄毛になっていく人も多くいますが、これ以外に、パーマやヘアカラーが原因になっている人も少なくありません。
ですから、抜け毛が増えてきた、薄毛になってきたという場合、パーマやヘアカラーをしないようにするという事がお勧めです。
男性の場合、このどちらもしないという人も少なくありませんが、女性の場合、パーマやヘアカラーが欠かせない状態になっているという人も少なくないでしょう。
そして、一度始めると、良い状態を維持する為に、定期的にしていく必要があります。
ですが、繰り返す事により、髪に大きなダメージを与えていく事になります。
このダメージは髪の内側まで影響していく為、繰り返す度に、抜け毛等が出来やすい状態となります。
髪の毛というのは、ある程成長したら、抜けて、また生えてくるというサイクルを繰り返しています。
ですから、健康な状態であっても、抜け毛は避ける事が出来ません。
ただ、しっかりと成長してから抜ける場合は問題ないのに対し、ダメージなどにより成長しきっていない状態で抜ける場合、ヘアサイクルが乱れ、健康な髪が育ちにくい状態となり、薄毛の原因へと繋がっていく事になります。
ですから、パーマやヘアカラーが欠かせないという人が、若年性脱毛症を改善したいと考えた場合、パーマやヘアカラーを辞める事がお勧めです。
辞める事が出来ない場合、パーマやヘアカラーを2ヶ月に1回程度にしておくと良いでしょう。