Try looking in the monthly archives. 5月 2015

若年性脱毛症はダイエットと深い関係を持っている

AGAは男性型脱毛症のことをいいますから、女性にとっては無関係と思われがちです。しかし女性であってもAGAになる可能性があります。これは近年、女性の男性化が引きこっていることが原因となっています。もちろん体自体が男性になるのではなく、男性ホルモンが増加しているということです。男性型脱毛症というのは、髪の毛の成長期に元気に育つ毛が、期間として1年程度でポロポロと抜けていく症状です。その原因となるのがジヒドロテストステロンで、健康的な毛周期をかき乱してしまうことになります。男性型脱毛症であるAGAには種類がふたつにわかれています。若年性脱毛症と、壮年性脱毛症です。 若年性脱毛症は若い世代に発症します。年齢としては20代から30代に起こる脱毛症です。若年性脱毛症は、若ハゲと言われることがありますが、本人にすると深刻です。若年性脱毛症の大きな原音として、過剰なダイエットがあります。多くの女性にとって、美しくなるためにダイエットを経験することは多いです。若い頃というのは、健康体重であっても太っていると思い込み、無理なダイエットをすることもあります。若い時には無理もきくため、ハードなダイエットをしても健康を取り戻すのは難しくはありません。とはいえ、無理なダイエットをすることで、髪の毛に対してもマイナスな結果が出てくるには避けられません。ダイエットは健康的に栄養成分を摂取できれば問題ないです。問題なのは、必要な栄養成分を摂取しないで行う方法です。偏った食事で十分な栄養成分の摂取ができなければ、頭皮にも十分な栄養成分は行き渡りません。そのため髪を作るタンパク質などは、ダイエット期間でも、摂取することが大事になります。