ロゲインは塗り薬だから無駄毛は生えない

日本の大手製薬会社から発売されている薬用育毛剤には、ミノキシジルという成分が使われています。
ミノキシジルは、1960年代にアメリカの製薬会社が血管拡張剤として研究・開発たもので、本来高血圧の内服薬として使用されていた医薬品です。
後に薄毛治療に効果があることが発見され、1980年代に薄毛治療の外用薬の成分として用いるようになりました。
日本ではミノキシジルと呼びますが、海外では一般的にロゲインの商品名で販売されています。

日本では、1999年にミノキシジル(ロゲイン)を1%含有の育毛剤が発売され、その後5%含有の商品も販売されるようになりました。
現在では、男性用だけでなく女性用の育毛剤も販売されるようになり、脱毛予防・育毛用の塗り薬として多くの方が利用しています。

ただし、効果には個人差があり、また副作用があることも理解しておきましょう。
ミノキシジル(ロゲイン)の血管拡張作用により頭皮の血行が促進され育毛効果を期待するものですが、もともと高血圧治療薬として開発された成分であるため、心臓に疾患のある方にはリスクがあります。
使用する際には、医師や薬剤師の説明を受けて慎重に行いましょう。

また、インターネットなどの使用者の口コミを見ると、毛が生えない、また逆に無駄毛が生えたなどの口コミがありますが、ネットの情報は全てが正しいものではありません。
治療薬で不安があれば専門の医師に相談しましょう。